Content

McAfee Conficker Detection Tool

W32/Conficker.wormはMicrosoft Windows Serverサービスの脆弱性MS08-067を利用します。脆弱性の利用に成功した場合、ファイル共有が有効に設定されると、リモートでのコードの実行が可能になります。マシンに修正プログラムを適用し、再起動してシステムからワームを駆除してから、もう一度再起動して、再感染を防ぐ必要があります。

マカフィーは、Confickerワームの有無を確認し、どのシステムがすでに感染しているかを特定するユーティリティを開発しました。今すぐ、Confickerを検出可能なMcAfee Conficker Detection Toolをダウンロードすることをお勧めします。

ご参考: Conficker Detection Tool 使用方法(企業向け Confickerに関するQ&A内)

McAfee Conficker Detection Toolのダウンロードはこちらから