2010FIFAワールドカップ関連サイバー詐欺、蔓延中

2010/05/19

サイバー犯罪者は、世界的なニュース、災害、イベントなどといった知名度高い出来事を利用してユーザーをターゲットにしようとしています。今年、南アフリカで開催される第19回FIFAワールドカップも、その例外ではありません。今回は6月の開催に向けて増加しつつある、ワールドカップ関連のオンライン詐欺について、まとめて取り上げてみたいと思います。

最初の事例は偽のサッカーロトメールです。このメールには、ユーザーが南アフリカサッカー協会から多額の賞金を獲得したと書かれています。偽のサッカーロトの管理者に連絡すると、ユーザーは、賞金を受け取るため、「手数料」や「振込手数料」を支払うよう求められます。ですが、決して賞金を受け取ることはできません。

2番目の事例は「インターネットで試合の生中継を視聴する」オンライン詐欺です。ユーザーを騙すため、そのWebサイトは非常に精巧に作成されています。HDビデオプレーヤーをダウンロードするために金を支払ったユーザーが受け取るものは、ただの不正なセキュリティ製品です。

3番目の事例は、偽のクラブ入会案内です。スポーツが大きく報道されると、その一員になりたいと思うファンは常にいるものです。会費を集めることのみを目的とした、オンライン詐欺も多数確認されています。

この他、観戦チケット詐欺も後を絶ちません。観戦チケットをオンラインで購入しようと考えている場合は、特に注意する必要があります。fifa.comにアクセスし、信頼できる旅行代理店を利用するか、またはサッカー協会に直接問い合わせてください。一方的に送りつけられたメールが正当なものだと思わないでください。

以下は、今日、FIFA公式サイトで撮影したスクリーンショット(PDF)です。(価格はすべて米ドルです)
このサイトには、チケットを販売するのはfifa.comだけで、他に数社が公認パッケージを販売すると書かれています。

一方、疑わしいサイトを比べてみると、同じカテゴリーでも価格が違うことがわかります。

開催日が近づくにつれて、このような詐欺は増加し、手口が巧妙化することは間違いありません。ワールドカップのような非常に大きなイベントは、サイバー犯罪者にとって又とない好機なのです。ワールドカップに関して、オンラインで何か行う場合は、慎重な行動を特に心がけましょう。

関連するセキュリティ研究レポート