新種が次々と現れる偽のセキュリティソフトウェア

2010/06/22

偽のセキュリティソフトウェアが絶滅することは絶対にありません。McAfee Labsでは、正規のセキュリティソフトウェアを装いながら実は悪意があるというプログラムを、ほぼ毎日発見しています。このようなプログラムでは、システムのセキュリティ侵害に関するメッセージを表示し、セキュリティ侵害を防ぐために、他の悪意のあるプログラムを購入するようユーザーを促します。

このようなプログラムの一つとして、FakeAlert-AntiSpywareProがあります。これは不正なスパイウェア対策プログラムです。不運にもこのアプリケーションを実行してしまうと、下のようなウィンドウが表示されます。

このプログラムは、数種類のシステムスキャンを実行します。しかし効果は全くありません。FakeAlert-AntiSpywareProは、多数のファイルをドロップ(作成)して、Internet ExplorerのBHO(ブラウザヘルパーオブジェクト)を含む一連のレジストリキーをインストールします。

ウイルス対策シグネチャを、常に最新の状態にすると同時に、悪質なマルウェア作者がばらまくFUDを拒絶してください。また、ユーザーを騙すようなプログラムを信頼してはいけません。