McAfee セキュリティ研究レポート

McAfee Labsによる様々なレポートをPDFにて、提供しています。

McAfee Security Journal

−人間の弱みにつけ込む追跡不能なサイバー犯罪者の増加を予測−

個人を攻撃対象とするサイバー犯罪がますます増加しています。犯罪者は、ソーシャル・ネットワーキング・サイト、データ漏洩などの情報源からデータを集めているということです。年2回発行の「マカフィー・セキュリティ・ジャーナル」で、国際的に活躍するMcAfee Avert(R) Labsのセキュリティ専門家が発見したのは、人の心情につけ込んで、できる限りの儲けを得るために、ソーシャル・エンジニアリング技術が利用されることが増えているということです。

「McAfee Security Journal」
をダウンロードする

← 戻る