McAfee セキュリティ研究レポート

McAfee Labsによる様々なレポートをPDFにて、提供しています。

10日間の攻撃

−2011年3月、韓国をターゲットとした分散型サービス拒否攻撃に対する分析−

2011年3月4日に、マカフィーでは、韓国政府、軍部、民間の主要インフラ、在韓米軍、韓国群山にある米国空軍基地に関連するサイトをターゲットとした分散型サービス拒否(DDoS)攻撃を検出し始めました。この攻撃は、韓国の侵害されたホストを利用するボットネットアーキテクチャによるものです。このDDoS攻撃は、韓国政府のWebサイトだけでなく、在韓米軍(USFK)のネットワークもターゲットとしていました。マカフィーでは、韓国の複数のターゲットにおいて可用性を低下させるのに成功したこのDDoS攻撃に加えて、最初に攻撃したホストをボットにして、それらのホストをボットネットオペレータのコマンドアンドコントロール下に配置するマルウェアについても分析しました。一見して、この攻撃自体は非常に一般的なものに思われますが、いくつかの要因のために、このターゲット、マルウェア、ボットネット活動の特殊な組み合わせは、マカフィーが分析して調査を立証してきた多くの攻撃とは異なるものとなっています。

「10日間の攻撃」(1.60MB)
をダウンロードする

← 戻る