McAfee セキュリティ研究レポート

McAfee Labsによる様々なレポートをPDFにて、提供しています。

Operation Shady RATの全貌

−世界の70以上の企業、政府機関、非営利団体に対する標的型不正侵入の過去5年間の調査結果−

この数年、特にOperation Aurora(Googleと30を超える企業への標的攻撃)に関する情報が公開されて以来、世界中の顧客企業から、こうした高度なサイバー攻撃を警戒する必要があるのか、政府機関や防衛関連の請負業者、あるいはGoogleだけの話なのかという質問を受ける機会が増えました。そしてほぼすべてのケースで、私は「他人ごとではない」と回答してきました。Operation AuroraやNight Dragon(欧米の石油・ガス業界への長期的なサイバー攻撃)、そして公にはなっていない多くのサイバー攻撃の調査を通じて私たちが確信したのは、考えうるあらゆる産業で、ある程度の規模の組織を構え、重要な知的財産や企業秘密を持つすべての企業は、攻撃被害を受けている(またはまもなく受ける)、そして被害を受けた企業の大半はその事実や影響にもほとんど気付いていないということでした。実際、Fortune Global 2000に名を連ねる企業はすべて、侵入の形跡に気付いている企業か気付いていない企業に分けることができます。

「Operation Shady RATの全貌」(4.99MB)
をダウンロードする

← 戻る