セキュリティ対策のヒント

セキュリティ対策のヒント

システムを保護する13の方法

マカフィー製品のインストールに加え、次のような簡単、かつ一般的な予防策をとることにより攻撃にさらされる危険性を軽減し、システムを防護することができるようになります。

  1. 送り主が不明、または疑わしい、あるいは信頼できない電子メールに添付されているファイルは開かないようにしましょう。 送り主に覚えがない場合、ファイルや電子メールの添付ファイルを開いたり、ダウンロードしたり、実行したりしないでください。
  2. たとえ友人や知人から送られたように見える電子メールでも、その内容に覚えがない場合は、添付ファイルを開かないようにしましょう。ウイルスの中には、自己複製し、電子メールを介して広がるものもあります。念のため、添付ファイルを開く前に、電子メールが信頼できる送り主から送信されたことを確認してください。
  3. 表題が不審な電子メールの添付ファイルを開かないようにしましょう。添付ファイルが重要だと思われる場合は、必ずファイルをハードドライブに保存してから開いてください。
  4. チェーンメールや迷惑メールは受信箱から削除しましょう。 転送したり返信したりしないでください。迷惑メールによってネットワークが渋滞したり、不快な内容が含まれていたり、セキュリティやプライバシーが危険にさらされたりする可能性があります。
  5. インターネットからファイルをダウンロードする際は常に注意を払いましょう。 そのWebサイトが合法で信頼できるものかを確認してください。さらに、サイト上でウイルス対策プログラムによるファイルチェックが行われているかどうかを確認してください。確信が持てない場合は、絶対にファイルをダウンロードしないでください。インターネットからソフトウェアをダウンロードする場合、アドウェアなどの不審なコンテンツが組み込まれていることが多い無料のソフトウェアには特に注意してください。提供元に関係なく、インストールするソフトウェアのプライバシーポリシーとエンドユーザー使用許諾契約(EULA)に必ず目を通してください。スクリーンセーバー、ゲーム、ブラウザのアドオン、ピアツーピア(P2P)クライアント、Adobe(R) PhotoShop(R)、Microsoft(R) Officeなどの高額なアプリケーションの「クラック」バージョン、あるいは無料版と称するダウンロードには特に用心してください。話がうますぎると思ったときは、十中八九その通りです。
  6. Webサイト以外から提供されているダウンロードは避けましょう。Usenetグループ、IRCチャネル、インスタントメッセージングクライアント、P2Pから感染したソフトウェアをダウンロードする可能性は非常に高いです。また、IRCやインスタントメッセージングで見られるWebサイトへのリンクも、多くの場合、感染したダウンロードに誘導されます。このような提供元からソフトウェアを入手することは避けてください。
  7. ウイルス対策ソフトウェアを頻繁にアップデートしましょう。 脅威は増え続け、絶えず進化しており、毎月、数百種ものウイルスが発見されています。最新の脅威から身を守るため、ウイルス対策ソフトウェアを定期的にアップデートしてください。具体的には、最新のウイルス定義ファイル、最新版のスキャンエンジンをダウンロードしてください。
  8. 頻繁にファイルのバックアップをとりましょう。 万一ウイルスがファイルに感染しても、バックアップコピーに置き換えることができます。バックアップファイルはコンピュータとは別の安全な場所(CD、フラッシュドライブ)に保存するようにしましょう。
  9. オペレーティングシステム、Webブラウザ、電子メールプログラムを定期的にアップデートしましょう。たとえば、Microsoft(R) Windows(R)、Microsoft(R) ExplorerなどのMicrosoftセキュリティアップデートはこちらからで入手できます。
  10. フィッシング詐欺を防ぐ最善の策は警戒を怠らないことです。 「フィッシング」とは、実際の企業や信頼できる個人を装って電子メールを送信し、クレジットカード番号、個人情報、パスワードなどの機密情報を入手しようとする詐欺です。口座の閉鎖を通知する電子メール、あるいは注文の確定や支払い情報の確認を求める電子メールを受け取った場合、返信したり、メールのリンクをクリックしたりしないでください。電子メールが本物かどうかを知りたい場合は、企業または個人に電話するか、メールを書いて、確認しましょう。
  11. インスタントメッセージングプログラムで知らないユーザーから送られたメッセージを開いたり、リンクをクリックしたりしないでください。 インスタントメッセージを媒介に、ウイルスなどの悪性コードが送信されることがあります。また、フィッシング詐欺を仕掛ける手段としても利用されます。
  12. パーソナルファイアウォールを使用しましょう。 DSLルーターやケーブルモデムとの間にハードウェアファイアウォールを設置することで、攻撃の侵入を防げます。ハードウェアファイアウォールはブロードバンド接続では必須です。PCではソフトウェアファイアウォールを実行して、ネットワーク内外からの攻撃を防ぐことができます。
  13. 口座、クレジットカード会社からの請求書を定期的に確認しましょう。なりすまし犯罪者は、あなたの個人情報を手に入れた数分後には、個人情報を使って口座を開き、商品を購入して、あなたを苦しめます。銀行口座、クレジットカード会社からの請求書を頻繁に確認し、個人情報の乗っ取りが判明した場合は、すぐにクレジットカード会社、銀行に連絡して、口座を閉じてもらってください。

ウイルスに関する問題のご質問はMcAfee® Avert® Labsにお問い合わせください。