ウイルス情報

ウイルス名 危険度

MacOS/Amphimix

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4351
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4351 (現在7659)
対応エンジン 4.2.40以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 MAC.Amphimix (Symantec): MAC_MP3CONCEPT.A (Trend): MP3Concept: MP3Virus.gen (Intego)
情報掲載日 04/04/14
発見日(米国日付) 04/04/09
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

・MacOS/Amphimixはトロイの木馬で、非常に多くの問題が発生しています。

・PowerPCアプリケーションに、.mp3または.jpgの拡張子が付加されることがあるのはよく知られていますが、MP3ファイルまたはJPEGファイルの偽造アイコンが埋めこまれていた場合、偽造プログラムの見かけや、内容はこのトロイの木馬と同様の可能性があります。

・このワームの作成者は有効なMP3ファイルとPowerPCアプリケーションを、どちらのファイルのフォーマットも壊さずに1つのファイルに結合したということが確認されています。つまり、MacOS/AmphimixはiTune内でMP3音声ファイルとして再生可能であり、またFinderによりプログラムとして起動されるということです。MacOS 9およびOS Xで動作します。

・しかし、ファイルのデュアル・パーソナリティは悪意のある機能にほとんど関係ありません。ユーザがファイルを示すアイコンをダブルクリックした場合、プログラムは、単純に偽装されたアプリケーションでもデュアル形式のファイルでも、実行されます。したがって、デュアル形式のファイルの発見だけでは、新たな感染/繁殖にはつながらず、偽装されたプログラムの機能が少し乱れます。このプログラムは有効な音声ファイルを装い、iTuneから再生可能です。

・ファイルのデュアル・パーソナリティの実現のため、PowerPCアプリケーション(種類: 'APPL', Creator = 'vMP3')を、データフォーク内のリソースフォークに 'cfrg' (コードフラグメント)として登録します。同時に、データフォーク(バイナリコードを保持するMP3ファイルの先頭にID3レコードを保有)は、有効なMP3ファイルイメージです。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・ファイルがダブルクリックされると、FinderはPowerPCコードフラグメントを実行します(Carbon/CFMアプリケーション)。このコードはiTuneを検索、実行し、MP3オブジェクトとしてファイル全体をパスし、再生します。その後、通常のiTuneウィンドウの上部に以下のメッセージボックスを表示します。

TOPへ戻る

感染方法

・トロイの木馬は感染も複製も行いません。この特定の悪質なソフトウェアは、トロイの木馬ではなく、悪意のあるプログラムを隠蔽するデモンストレーションです。

TOPへ戻る

駆除方法

・ファイルを削除します。

・Virexの次回buildバージョンを使うとこの悪質なプログラムを検出可能です。

TOPへ戻る