ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Atak.j@MM

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4416
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4416 (現在7628)
対応エンジン 4.3.20以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Email-Worm.Win32.Atak.i (AVP) Worm/Atak.M (H+BEDV)
情報掲載日 2004/12/20
発見日(米国日付) 2004/12/17
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

・W32/Atak.j@MMの特徴は以下のとおりです。

  • ターゲットマシンから電子メールアドレスを収集します。
  • メッセージの差出人のアドレスを偽装します。
  • 自身のSMTPエンジンを使用してメッセージを作成します。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・W32/Atak.j@MMが動作すると、WindowsのシステムディレクトリにSEC5DEC.EXEというファイル名で自身をインストールします。

  • C:\WINDOWS\SYSTEM32\SEC5DEC.EXE

・以下のレジストリキーを追加して、システム起動時にフックします。

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Windows "run" = C:\WINDOWS\SYSTEM32\SEC5DEC.EXE

・W32/Atak.j@MMは、以下のファイル名を使用して、ターゲットマシンにmutexを作成します。

  • 251204

TOPへ戻る

感染方法

・W32/Atak.j@MMは、自身のSMTPエンジンを使用して、差出人のアドレスを擬装したメッセージを作成します。メッセージのフォーマットは以下のとおりです。

件名:以下のいずれかの件名が使用されます。

  • Happy X-Mas to u!
  • X-MAS GREETING!
  • X-Mas Greeting!

本文:本文はHTMLで作成されており、以下のテキストが含まれています。

I would like to say Happy X-Mas if you celebrate it and Happy New Year! Be matured not childish!

The body also contains a link to an image on a remote web site:

h t tp://www.makelovewithspam.com

添付ファイル:添付ファイルはW32/Atak.j@MMのZIP圧縮ファイルまたはそのままのコピーです。ZIP圧縮ファイルにはW32/Atak.j@MMのコピーが格納されています。自身のファイルの拡張子は次のいずれかになります。
  • scr
  • com
  • pif
  • bat

・ZIP圧縮ファイルのファイル名と圧縮ファイル内のワームは以下のいずれかになります(ファイル名は同じ)。

  • SANTA_GIFT
  • SCROLL
  • ATTACHED
  • PRESENT

・本文の一例は以下のとおりです。

・リンクをクリックすると、以下の画像が表示されます。

TOPへ戻る

駆除方法

■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出して下さい。検出されたすべてのファイルを削除してください。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る