製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:A
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
Anti-Pascal.400.A
Anti Pascal.400.Aは、Anti-Pascalファミリーの5つのウイルスまたは亜種のうちの1つである。このウイルスはファイル感染ウイルスであり、メモリには常駐しない。COMMAND.COMを含む.COMファイルに感染する。このウイルスがメモリに常駐していない状態でファイル感染を行うときは、割り込み21をフックする。

感染すると、システム上でアクセス可能な各ドライブのルート ディレクトリにある1つの.COMファイルに感染しようとする。感染対象のファイルは、ファイル長が2,048バイトを超えるものに限られる。通常、COMMAND.COMはドライブにある最初の.COMファイルなので、このファイルにはただちに感染する。現行ドライブにあるもう1つの.COMファイルにも感染する。

このウイルスが任意のドライブ内で感染対象の.COMファイルを見つけられない場合、または現行ドライブ内で感染対象の2つの.COMを見つけられない場合は、.BAKファイル、.PASファイル、または.BATファイルがあるかどうか調べる。これらのファイルを見つかると、削除する。ファイル削除が行われるのは、ルート ディレクトリ内および現行ドライブの現行ディレクトリ内だけである。通常、各ルート ディレクトリ(および現行ディレクトリ)では、同時にすべての.COMファイルが感染するわけではないので、ファイル削除はそれぞれ異なるタイミングで異なるドライブおよび異なるディレクトリ内で行われる。