ウイルス情報

ウイルス名 危険度

BackDoor-AZV

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4297
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4380 (現在7656)
対応エンジン 4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Backdoor.Hackerarmy (kasp):Troj/Hackarmy-A (Sophos):W32/Rawbot.worm
情報掲載日 03/10/06
発見日(米国日付) 03/10/02
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

・BackDoor-AZVは、リモートアクセス型トロイの木馬です。AVERTは、このトロイの木馬がニュースグループへスパムメールで送信されたという報告を複数受けました。ニュースグループの投稿を読む時は、スクリプトを無効にするオプションのあるニュースグループリーダを使用して、このオプションを無効にしてください。Internet Explorer 5.0のセキュリティ設定にあるインターネットゾーンでも、スクリプトを無効にできます。4.5以前のInternet Explorerでは、拡張子の一覧に“.HTA”を追加してください。

・以下のURLにはBackDoor-AZVが含まれています。

  • http://home.attbi.com/(blocked)/ChristinaAguilera.scr

・BackDoor-AZVは、以下のアイコンを使用します。

・実行されると、以下のミューテックスを作成して、同時に2つ以上のインスタンスを実行しないようにします。

  • botsmutex

・%SysDir%ディレクトリにWIN32SERVER.SCRというファイル名で自身をコピーします。以下のレジストリキーをフックして、システムの起動時に自身を実行します。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
    Run "Winsock32driver" = win32server.scr

    (%SYSDIR%は、C:\windows\system、またはC:\winnt\systemです。)

・実行されるとIRCサーバに接続して(宛先ポート番号:6666)、以下のコマンドを受信します。

  • リモートファイルのダウンロード
  • socks4プロキシとして機能
  • プロセスの終了
  • IRCログファイルの読み込み

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・上記のファイルとレジストリキーが存在します。

・ファイアウォールが、“Generic Host Process for Win32 Services”によるhackarmy.tkドメインへのアクセス要求を警告します。

TOPへ戻る

感染方法

・BackDoor-AZVをシステムにダウンロードするURLにアクセスすると感染します。

・ニュースグループからのHTML形式の電子メールでBackDoor-AZVを受信すると感染します。

TOPへ戻る

駆除方法

■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る