ウイルス情報

ウイルス名 危険度

BackDoor-DJF

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4832
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4832 (現在7659)
対応エンジン 4.4.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Backdoor.Papi (Symantec)
情報掲載日 2006/08/21
発見日(米国日付) 2006/08/17
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

・Backdoor-DJFは一太郎ビューアの脆弱性を利用するExploit-TaroDropによってドロップ(作成)されます。

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

システムの改変

ファイルの追加

  • %SYSTEMDIR%\netlib32.dll
  • %SYSTEMDIR%\setups.bak
  • c:\documents and settings\all users\templates\wsws~6868.tmp
  • c:\documents and settings\%USER%\local settings\temp\b.bat
レジストリ

・以下のレジストリキーが作成されます。

  • hkey_local_machine\system\currentcontrolset\services\capapi32
    errorcontrol="0"
    start="4"
    objectname="LocalSystem"
    deleteflag="1"
    displayname="CAPAPI32"
    imagepath="[バイナリへのパス]"
    type="16"

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・ポート8080で218.82.250.189に接続して受信待機を行い、リモートユーザからのコマンドを受信します。

TOPへ戻る

感染方法

・BackDoor-DJFは一太郎ビューアの脆弱性を利用するExploit-TaroDropによってドロップされます。

TOPへ戻る

駆除方法

■McAfee Labs は、常に最新のウイルス定義ファイルとエンジンの利用を推奨します。このウイルスは、最新のウイルス定義ファイルとエンジンの組み合わせで削除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る