ウイルス情報

ウイルス名

Bad_Brain

種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4002 (現在7633)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Bad_Brain, BB
亜種 BadBrain1.2
発見日(米国日付) 92/04/01
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法
  • Bad Brainは、1992年4月に確認されたウイルスです。

  • このウイルスの発生元は不明です。

  • Bad Brainは、上書きを行う直接アクション型ファイル感染ウイルスで、メモリには常駐しません。

  • このウイルスは、COMMAND.COM を含む.COMファイルに感染して、感染したすべてのファイルを破壊します。

  • 感染ファイルが実行されると、Bad Brainはドライブのルートディレクトリから2番目、またはそれ以下のサブディレクトリにある1つの.COMファイルに感染します。

  • このウイルスに感染したプログラムは、そのコードの先頭から576バイトがウイルスコードで上書きされます。

  • このウイルスに感染したプログラムは、そのコードの先頭から666バイトがウイルスコードで上書きされます。

  • したがって、DOSディスクディレクトリのリストでは、ファイルサイズに変化は見られません。

  • DOSディスクディレクトリに表示されるファイルの日付と時刻も変更されません。

  • 次のテキストは、Bad Brainのウイルスコード内で暗号化されるため、感染ファイル上で見ることはできません。
    "SKISM*" "*.COM" "BadBrains"

  • このウイルスに感染したプログラムは、ユーザが実行しようとしても、正しく動作しません。

  • ユーザが実行しようとすると、DOSプロンプトに戻ります。

  • Bad Brainは、ホストプログラムの先頭部分を上書きするため、感染プログラムを駆除することはできません。

  • したがって、Bad Brainに感染した場合は、このウイルスに感染していないバックアップコピーで置換してください。

  • Bad Brainには、一般に知られている亜種があります。