ウイルス情報

ウイルス名

Belorussia

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7656)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
これは、メモリ常駐型のファイル感染ウイルスであり、メモリに常駐している間、実行された.COMファイルの真ん中にウイルス自体を書き込む。また、ファイルに感染する際は、そのファイルの定数ブロック領域(ファイル内のブランク領域)を探して、ウイルス自体を書き込み、感染ファイルのサイズが増加しないようにする。メモリ内では、割り込み21をフックする。