ウイルス情報

ウイルス名

Breeze

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7661)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 92/12/01
Breezeは、ファイル感染ウイルスであり、メモリには常駐しない。このウイルスは、COMMAND.COMを含む.COMファイルに感染する。このウイルスの作成者は、Deicideファミリーのウイルスの作成者と同じである。

このウイルスに感染したファイルが実行されるたびに、現行ディレクトリにある1つの.COMファイルに感染する。

Breezeは自己複製以外には何も行わない。