ウイルス情報

ウイルス名

Backform.2000.A

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7656)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Backform, Backformat, BackFormat.2000, Backformat.a
亜種 BACKFORM.1865, BACKFORM.2365, BACKFORM.2329, BackFormat.2000.B, Backform.2381
Backform.2000.Aは、メモリ常駐型のファイル感染ウイルスで、.COMファイルおよび.EXEファイルに感染する。

このウイルスは、COMMAND.COMを除き、ファイルの終わりに挿入され、そこに常駐する。

ファイル感染ウイルスが、コンピュータに感染する唯一の原因は、コンピュータでの感染ファイルの実行である。感染ファイルは、フロッピーディスク、オンラインサービスによるダウンロード、およびネットワークなど、多数のソースから生じることが考えられる。いったん感染ファイルを実行すると、ウイルスが発動するおそれがある。