ウイルス情報

ウイルス名

Burglar.1150

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7652)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Burglar.1150.A, Gangrave
Burglar.1150は、メモリ常駐型、ステルス、ファイル感染ウイルスで、.EXEファイルに感染する。

感染すると、このウイルスはメモリに常駐するようになる。いったんメモリに常駐すると、.EXEファイルがアクセスされた場合に、そのファイルに感染する。また、内部システム関数(ATTRIBで使用される「ファイル属性変更」関数など)を実行する他のコマンドでファイルにアクセスすると、そのファイルにも感染する。

Burglar.1150は、ファイル名に「V」または「S」が含まれているファイルには感染しない。このため、VirusScanやVShieldなどのアンチウイルスユーティリティへの感染は回避することができる。