製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:C
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
VBS/Count
種別ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4114
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4114 (現在7565)
対応エンジン4.0.35以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名VBS.Sheep, VBS/Sheep-A, VBS/Sheep.a, VBS_SHEEP.A
情報掲載日01/01/05
発見日(米国日付)00/12/18
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
09/17RDN/BackDoor...
09/17DNSChanger.b...
09/17RDN/Generic....
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7565
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




  • VBS/Countは、Visual Basic Scriptウイルスです。

  • このウイルスが動作するには、Windows Scripting Host(Internet Explorer 5の一部)が必要です。

  • このウイルスが起動すると、"C:\MIRC\SCRIPT.INI"ファイルを改変し、ユーザがチャットルームにアクセスしたときに、mIRCがこのウイルスを他のユーザに流布するように設定します。

  • ただし、このウイルスの動作により以下のファイルは作成されないため、ファイルの改変は行われません。 "CounterstrikeRP.TXT .vbs" ("C:\WINDOWS\SYSTEM"ディレクトリ内にある)

  • 感染ユーザがmIRCプログラムを終了すると、次のメッセージが表示されます。 %Channel% "a|ien rules the base, RP ownz them! ;-)"