製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:C
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
W97M/ColdApe
危険度
対応定義ファイル4006 (現在7513)
対応エンジン4.0.25以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付)98/11/02
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/27RDN/Generic ...
07/27W32/Sdbot.wo...
07/27RDN/Generic ...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7513
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




Word97のマクロウイルス(W97M/ColdApe)であり、VBSスクリプトファイルもドロップ(作成)する。発病ルーチンスクリプト(VBS/ColdApe)を実行すると次の2つのアクションをおこす。1.被害者のIPアドレスを入手しウイルス作成者に電子メールで送信する。この結果被害者は、WinNuke、SSPINGなどのインターネット攻撃に対し無防備になる。2.電子メールで失礼なメッセージをアンチウイルス雑誌の編集者に送信する。

発病ルーチンスクリプトファイル(VBS/ColdApe)は自己複製しない。ただしW97M/ColdApeウイルスはVBS/Happyをユーザのシステムにドロップ(作成)する。このVBS/Happyは自己複製する。