ウイルス情報

ウイルス名

WM/CEBU.B

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7628)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 97/06/01


Word Version6.x/7.x(Windows版、Macintosh版)で作動するマクロウイルスである。感染ファイルの構成マクロはAUTOOPEN, MSRUN, AUTOEXEC, AUTOCLOSEである。このウイルスは自動マクロ、システムマクロを使って発動する。マクロはいずれもWord標準機能「実行のみ可能」で暗号化されている。つまりユーザーはウイルスマクロを表示することも編集することもできない。

文書オープン時には、ウイルス感染の動作の間に、数種類のメッセージボックスが表示される。例えば以下のようなものである。

-!4AUTOCLOSE C:\virus\ceb..X

C:\mydocs\filename.doc:autoopen


OK

Wordを起動すると、5分以内に、文書内の選択された単語の末尾に'S'を追加する。この操作は数分おきに繰り返される。