ウイルス情報

ウイルス名

WM/CVCK1.A

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7656)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 97/05/01


MS-Word v6.x/7.x(Windows版、マッキントッシュ版)に感染するマクロウイルスである。感染文書のウイルスマクロはAUTOEXEC,AUTOOPEN,STDCLOSE, ACTIONDATE,ACTION,ACTION2,
FILETEMPLATES,TOOLSMACRO,TOOLSCUSTOMIZE,ORGANIZER,HELPABOUTである。”標準.DOT”では、DEFEATAV,STDOPEN,STDCLOSE,ACTIONDATE,ACTION,ACTION2,FILETEMPLATES,
TOOLSMACRO,TOOLSCUSTOMIZE,ORGANIZER,HELPABOUTにリネームされる。このウイルスは自動マクロ、システムマクロを使って発動する。ウイルスマクロはWordの標準機能「実行のみ可能」により暗号化されている。つまりユーザーはウイルスマクロの表示も編集もできない。

感染システムでは、FILE|TEMPLATE、TOOLS|MACRO、TOOLS|CUSTOMIZE機能がある。(注!これらのコマンドを使わないように。そのタイミングでウイルスが発動する)。これらのコマンドを実行すると、以下のヘッダを持ったメッセージボックスが表示される。"Chicken say..."そこには"[pox-poX-pOX-POX-POx-Pox-pox]というテキストを含んだ「閉じる」ボタンもある。

ユーザーがMS-WordのHELP|Aboutコマンドを選択すると、"About Us(Crazybits$)"という別のメッセージボックスが表示される。そこには"[pox-poX-POX-POx-Pox-pox]"というテキストを含んだ「閉じる」ボタンもある。