製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:C
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
X97M/Codemas
種別ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4087 (現在7605)
対応エンジン4.0.50以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名W97M/Codemas
情報掲載日00/07/27
発見日(米国日付)00/07/13
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
10/27Generic Down...
10/27RDN/PWS-Mmor...
10/27RDN/Generic....
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7605
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




X97M/Codemasは、Word97/2000と Excel97/2000のファイルに感染するクロスアプリケーションクラスモジュールウイルスです。X97M/Codemasには、ダメージを引き起こす発病ルーチンはありません。このウイルスは、マクロ警告設定を修正します。

X97M/Codemasは、'ThisDocument'という文書の最初のVisual Basicプロジェクトに感染コードを書き込みます。Excelのワークブックでは、このプロジェクト名は"ThisWorkbook"です。

このウイルスは、Excel のワークブックに感染するとき、'BOOK1'という名前のXLSTART フォルダに拡張子なしのファイルを書き込みます。これは、O97M/Tristateが使用するテクニックと似ています。書き込まれたファイルは、Excelアプリケーションの起動時にロードされます。

マクロ警告オプションが有効な状態で、未感染システム上で感染文書または感染ワークブックを開くと、マクロ警告が機能します。感染ワークブックを開いて、閉じた後は、XLSTARTフォルダに'BOOK1'というファイルが存在します。