製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:C
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/CodeRed.a.worm
企業ユーザ: N/A
個人ユーザ: N/A
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4149
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4149 (現在7599)
対応エンジン4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名Code Red :W32/Bady.worm :W32/CodeRed.worm
情報掲載日01/07/17
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
10/21W32/Akbot!35...
10/21RDN/Generic ...
10/21RDN/Generic....
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7599
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る

・2003年3月11日更新情報

W32/CodeRed.fの亜種が流行しているという情報を受けています。AVERTでは現在、この件について調査中です。


・2001年7月30日更新情報

ユーザはこのウイルスの更なるメディア報道と同様、AVERT以外のセキュリティ機関によって発表されたウイルス警報を見ることがあるでしょう。AVERTでは、このウイルスは通常、エンドユーザのPCに影響を与えることはないが、パッチを当てていないマイクロソフトIISウェブサーバを攻撃すると発表してきました。しかし、インターネットユーザはリクエストされたウェブページがワームの行動のために壊れていたり、動かなかったりするために、ワームの影響を受けているような感じがするかもしれません。


  • このウイルスは、Webサーバーを実行しているMicrosoft XP/2000/NTにおいてのみ、影響します。
  • このウイルスは、CodeRedの亞種です。トロイの木馬が付属している点が本種との大きな違いです。このトロイの木馬が発動すると、攻撃者がサーバをリモートで勝手アクセスできるようになってしまいます。

CodeRed感染の回避方法に関するQ&A:
詳細はサポートQ&A・ウイルス情報をご覧下さい。

CodeRedワ−ム本種の詳細情報:
こちらをご覧下さい。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

感染方法TOPへ戻る

駆除方法TOPへ戻る