製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:C
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
W97M/Camino.a@MM
種別ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4163
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4163 (現在7600)
対応エンジン4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名W97M.Volcano.A@mm (NAV)
情報掲載日01/10/04
発見日(米国日付)01/09/20
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
10/22Generic Down...
10/22Generic Down...
10/22FakeAV-M.bfr...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7600
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る

・この脅威は、W97M/Genericとして検出されます。

・W97M/Camino.a@MMは、Microsoft Word 97(またはそれ以降)の文書とテンプレートに感染します。

・このウイルスは、次のマクロを含むVolcanoモジュールで構成されます。

FileOpen()
AutoClose()
Infectar()
Enviar()
r()
ToolsMacro()
FileTemplates()
ViewVBCode()

・文書を開くと、このウイルスはWord 2000が動作しているか調べます。Word 2000が動作していると、[ツール|マクロ|セキュリティ]メニューを無効にして、セキュリティ レベルを低に改変します。セキュリティレベルの値は、次のレジストリ キーで改変されます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\9.0\Word\Security

・Wordのバージョンが2000ではない場合、[ツール|マクロ]メニューを無効にし、次のオプションを無効にします。

- 変換確認プロンプト
- ウイルス保護機能
- 通常のテンプレート ファイルに対する保存プロンプト
- 文章校正
- スペルチェック
- プロパティ保護プロンプト

・また、次の設定も無効にします。

- スクリーン更新
- 警告メッセージの表示
- Escapeキー

・次のレジストリ キーがあるか調べます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Volcano?=...Rol12

・このレジストリ キーがある場合は、Microsoft Outlookのアドレス帳に登録されている最初の50件に、感染ファイルを添付して電子メールを配信します。

・言語がブラジル/ポルトガル語に設定されている場合は、電子メールは次のようになります。

件名Mensagem Importante de "Application.UserName"
本文Este e' o documento que voce pediu...Nao mostre pra ninguem.Ative a macro para ver as fotos

・それ以外の言語では、次のようになります。

件名Important Message From "Application.Username"
本文Here is that document you asked for...Don 't show anyone else.Activate the macro to see the photos

・次のレジストリ キーの値が設定されます。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Volcano?=...Rol12

・C:\WINNT\SYSTEM\フォルダ、またはC:\WINDOWS\SYSTEM\フォルダがあるか検索します。

・次のレジストリ キーがあるか調べ、ないときは作成します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
Run\Vc12=C:\WINNT\SYSTEM\Vc12.Vbs

または(オペレーティング システムによって異なります)

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
Run\Vc12=C:\WINDOWS\SYSTEM\Vc12.Vbs

・このウイルスは、C:\WINDOWS\SYSTEM\Vc12.dllファイルにウイルス コードを抽出して、C:\WINDOWS\SYSTEM\Vc12.Vbsファイルを作成します。Windowsが起動して、このファイルが実行されると、通常のテンプレート ファイルに感染します。

・このウイルスは、通常のテンプレート ファイルをチェックして、"Volcano"モジュールがあることを確認することによって、システムに感染します。このモジュールがない場合、ウイルスはウイルス コードを"c:\Volcano.dll"に抽出します。この操作は、開いているすべての文書上でも行われます。

・発病ルーチン:言語がブラジル/ポルトガル語に設定されていて、現在の日付と現在の分が一致すると、文書に次のメッセージが挿入されます。

"Voc・recebeu o Volcano! Tire proveito do privil馮io."

・これ以外の言語に設定されている場合は、次のメッセージが挿入されます。

"You received the Volcano! Take advantage of the privilege."

・このウイルスは、次のメニューを無効にします。

- [ツール|マクロ]
- [ファイル|テンプレート]
- [ツール|マクロ|Visual Basic Editor]

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

感染方法TOPへ戻る

駆除方法TOPへ戻る