製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:C
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/Cake.worm!p2p
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4292
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4317 (現在7508)
対応エンジン4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日03/09/11
発見日(米国日付)03/09/09
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/22RDN/Generic....
07/22RDN/Generic....
07/22Generic.tfr!...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7508
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

・W32/Cake.worm!p2pはピアツーピアネットワークを介して繁殖するようにMSVCで作成されたウイルスで、tElockで圧縮されています。

・W32/Cake.worm!p2pが実行されると、%WinDir%ディレクトリにWINSTH16.EXEというファイル名で自身をインストールします。

例:
C::\WINDOWS\WinSth16.exe

・以下のレジストリキーを設定して、システムの起動をフックします。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
    Run "WinSth16" = C:\WINDOWS\WinSth16.exe

・以下のディレクトリを作成して、自身のコピーを複数作成します。

  • C:\WINDOWS\Fonts\caKe\

・Grokster、およびKaZaaピアツーピアネットワークをターゲットにします。以下のレジストリキーが上記のフォルダを指すように設定します。

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Kazaa\Transfer
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Grokster\LocalContent

・ユーザの注意を引いてファイルを実行させるために、以下のファイル名を使用します。

  • All Microsoft Products CD Key
  • Generator.exe
  • Awesome ScreenSaver.exe
  • Counter Strike - See Through Walls.exe
  • DeadAim 4.0 KeyGen.exe
  • EBOOK - Learn C++ in 21Days(2).exe
  • FastTrack Accelerator v1.3.1.exe
  • FLASH MOVIE-Hot Lesbian Sex Movie (12.51 Minutes).exe
  • iMesh 3.7b (beta).exe
  • KaZaA Media Desktop 2.x Ad-Remover.exe
  • Microsoft .NET hack.exe
  • Microsoft Visual C++ 6.0 Standard Edition.exe
  • Mirosoft Visual C++ Serial Generator.exe
  • MSN Password Hacker 5.7 (worked on my ex-girlfriend!).exe
  • World Of Warcraft (FULL) Installer and Downloader.exe

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
・上記のファイル、レジストリキー、およびディレクトリが存在します。

感染方法TOPへ戻る

・KaZaa、およびGroksterピアツーピアファイル共有ネットワークを介して繁殖します。

駆除方法TOPへ戻る
■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足