製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:C
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/Coronex.worm.gen
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4259 (現在7593)
対応エンジン4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名I-Worm.Coronex: W32.Coronex@mm
情報掲載日03/04/23
発見日(米国日付)03/04/22
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
10/18Generic.dx!E...
10/18RDN/Download...
10/18RDN/Generic....
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7593
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

・W32/Coronex.worm.genは大量メール送信型ワームです。電子メールで繁殖するだけで、破壊的な発病ルーチンはありません。Windowsのアドレス帳にあるすべてのアドレスに自身を送信します。

・W32/Coronex.worm.genは、以下のような電子メールメッセージの添付ファイルで届きます。

送信者:sars@hotmail.com
件名:SARS
本文:Severe Acute Respiratory Syndrome
添付ファイル:Sars.exe

または

送信者:sars2@hotmail.com
件名:I need your help
本文:Severe Acute Respiratory Syndrome
添付ファイル:Corona.exe

または

送信者:corona@hotmail.com
件名:Virus Alert!
本文:SARS Virus
添付ファイル:Virus.exe

または

送信者:virus@yahoo.com
件名:Corona Virus
本文:honk kong
添付ファイル:Hongkong.exe

または

送信者:deaths@china.com
件名:bye
本文:deaths virus
添付ファイル:Deaths.exe

または

送信者:virus@china.com
件名:SARS
本文:SEE Ya
添付ファイル:Sars2.exe

または

送信者:Virus2@china.com
件名:SARS Virus
本文:SARS Corona Virus
添付ファイル:Cv.exe

・添付ファイルが実行されると、以下の発病ルーチンを実行します。

  • %WINDIR%ディレクトリに自身のコピーをドロップ(作成)する。
  • 以下のメッセージボックスを表示する。
  • 以下のレジストリキーを作成して、起動時に自身を実行する。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
    "PC-Config32" = C:\%WINDIR%\corona.exe -A

  • ブラウザのデフォルトのホームページを変更する。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main
    "Start Page" = http://www.who.int/csr/don/2003_04_19/en

  • C:\My Downloadsフォルダを検索し、以下のリストからランダムに選択したファイル名で自身のコピーをドロップ(作成)する。
    • Cossacks Full Version.exe
    • Cossacks Full Version.exe
    • Battlefield 1942 (full).exe
    • Warcraft III Full.exe
    • Jedi Knight II.exe
    • Quake 3 Full Version.exe
    • Starcraft full.exe
    • Doom 3.exe
    • Tribes 2 (full).exe
    • Rainbow 6 Full.exe
    • Oni full.exe
    • White and Black.exe
    • Return to Castle Wolfenstien (Full).exe
    • Command & Conquer: Generals.exe
    • Black HawkDown (full).exe
    • The Sims: Unleashed.exe
    • Age Of Mythology.exe
    • Dark Age of Camelot.exe
    • Ultima Online.exe
    • The Lord of the Rings.exe
    • Medel of Honor: Allied Assualt.exe
    • Grand Theft Auto 3 (full).exe
    • Unreal 2: The Awakening (full).exe
    • Unreal.exe
    • Master Of Orion.exe

    注:ワームのコピーの末尾にはゴミデータが追加されるので、ファイルサイズはそれぞれ異なります。また、同じディレクトリに0バイトのファイルを落とし込みます。

  • Windowsのアドレス帳にあるアドレスに自身を送信する。自身のSMTPエンジンを使用して、上記の電子メールメッセージを作成する。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

・上記のファイルとレジストリキーが存在します。

感染方法TOPへ戻る

・W32/Coronex.worm.genは実行されると、自身のSMTPエンジンを使用してWindowsのアドレス帳にあるすべてのアドレスに自身を送付します。%WINDIR%フォルダに自身をコピーし、レジストリキーを改変して起動時に、作成したコピーを実行します。