ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Cervivec@MM

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4194
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4317 (現在7634)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 02/03/25
発見日(米国日付) 02/03/22
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


このウイルスには、4194定義ファイルで対応いたします。4194定義ファイルは02/03/28に発行の予定です。それまでの間、このウイルスに対応するためにはβ版ウイルス定義ファイルをお使いください。

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

  • このウイルスは、電子メールの添付ファイル(WORMS.ZIP)として配信されます。このZIPファイルには、WORMS.EXEという実行ファイルが含まれています。このEXEは、 Delphiプログラミング言語で作成されており、UPXで圧縮されています。WORMS.EXEを実行すると、このウイルスは、レジストリ キーHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Runに"Kernel Loader"という新しい値を追加します。これにより、システムがリブートされるたびに、ウイルスが起動するようになります。

  • 次のメッセージ ボックスが表示されます。

  • メッセージ ボックスを閉じると、ただちに発病ルーチンが起動し、デスクトップ上のデータを食べてしまう、さまざまな色の虫が現れます。

  • このウイルスは、電子メール アドレスに対するICQソフトウェア設定情報を入手します。

  • 電子メール メッセージは、次のようになっています(この内容は変わりますが、大きく変わることはありません)。

    Vtip
    Cervici
    Cau posilam ti cerviky tak se na to podivej (virus to neni)

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

    - \WINDOWS\SYSTEM32または\WINDOWS\SYSTEMにNTKRNL.EXEファイルが存在する。
    - 次のレジストリ キーが存在する。

      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\Kernel Loader="C:\WINDOWS\system32\ntkrnl.exe -LOADDRIVERS=TRUE"

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る

駆除方法

■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る