ウイルス情報

ウイルス名

W32/Choke.worm

種別 インターネットワーム
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4143
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4143 (現在7656)
対応エンジン 4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 I-Worm.Choke (AVP), W32/Choke (Sophos), Win32.Choke (CA)
情報掲載日 01/06/14
発見日(米国日付) 01/06/06
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

・W32/Choke.wormは、MicrosoftのMSN Messengerプログラムを通して繁殖する2つ目の既知ウイルスです。

・ローカル システムにMSN Messengerがインストールされていない場合、このウイルスはシステムに自身をインストールしますが、そのシステムから他のシステムには繁殖できません。

・W32/Shoot.wormは、MSN Messengerを通して添付ファイル(Visual Basicアプリケーション)として配信されます。この添付ファイルの名前は変わりますが、拡張子はつねに.EXEです。ファイル名は、次のいずれかになると思われます。

ShootPresidentBUSH.exe

Choke.exe

[送信者のファースト ネーム].exe

Hotmail.exe

・添付ファイルを実行すると、"Choke"というタイトルのメッセージ ボックスが現れ、"This program needs Flash 6.5 to run!"と表示されます。OKをクリックすると、"Run time error"というタイトルのメッセージ ボックスが現れ、"Cannot run program!, Quiting"と表示されます。

・このウイルスは、現行ドライブのルート ディレクトリにCHOKE.EXE、[MSN Messengerのアカウント ドメイン名].EXE(つまり"HOTMAIL.EXE")、および[MSN Messengerのアカウント名のファースト ネーム].EXE(つまり"JOHN.EXE")として自身をコピーします。

・また、次の文字が書かれたテキスト ファイル"ABOUT.TXT"が作成されます。

Choke , Copyright R 1886 ... A MAD CHRISTIAN

・システムの起動時に、このウイルスが読み込まれるように、次のレジストリ実行キーが作成されます。"-blahhh"スイッチにより、ダイアログ ボックスの表示が阻止されます。

HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\

Run\Choke="C:\choke.exe -blahhh"

・このウイルスは、起動すると、感染ユーザとチャットしているMSN Messengerユーザに自身を配信します。

・このウイルスが配信されるときは、次のメッセージがいっしょに送られます。

President bush shooter is game that allows you to shoot Bush balzz hahaha

(プレジデント ブッシュ シューターは、ブッシュ大統領を狙って撃つゲームです)

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る