ウイルス情報

ウイルス名

W97M/Chack.B

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7633)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 Chack.K, Cyberhack
亜種 W97M/Chack.F, W97M/Chack.K
発見日(米国日付) 98/11/18


Word97文書に感染する。Word97のSR-1リリースでは自己複製できない。Word97のSR-1リリースまたは以降のリリースにアップグレードすれば繁殖は停止する。ステルス性(自己隠蔽性)を有しており、マクロ表示コマンドに中間介入して、ウイルスモジュールを表示させないようにする。このウイルスはCyberform、Cyberhackというモジュールから構成され、Wordのマクロ警告機能をオフにする。時にはユーザフォームを表示することもある。