ウイルス情報

ウイルス名

W97M/Cham.A@mm

種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4116
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4116 (現在7628)
対応エンジン 4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 01/03/08
発見日(米国日付) 01/02/20
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

・McAfee AVERTは、このコメントが掲載される時点では、W97M/Cham.A@mmのサンプルを確認していません。

・4116 DATと4.0.70エンジンでは、このウイルスはW97M/Genericとして検出されます。

・このウイルスは、アンチウイルス プログラムで検出されないように、ポリモアフィック型として作成されています。

・このウイルスは、コードが手動で追跡されないように、また、スタティック コードのアンチウイルス プログラムに検出されないように、引数を渡すための6つの専用関数を含むスキーマを使用します。

・電子メールは、グローバル アドレス帳にあるすべての宛先に、次の形式で配信されます。

Subject = "application.username - Curriculum Vitae"

・このウイルスは、電子メール アドレスに配信する前に、未解決のアドレスを処理できない大量のメーラーをできるだけ目立たないようにしようとして名前解決を行いますが、失敗します。

・このウイルスは、既読か未開封かにかかわらず、受信ボックスにあるすべてのメッセージに応答し、オリジナル メッセージの"宛先"にあるすべての人に返信します。配信される電子メールには、添付ファイルだけが含まれます。

・添付ファイルは、"c:\my documents\(アプリケーション.ユーザ名)"に保存されます。実際には、"c:\my documents"は、デフォルトで指定されている文書の保存先か、Wordの環境設定によって指定されている文書の保存先になります。

・このウイルスは、次のキーを目印としてレジストリに追加することによって、感染対象をマークします。

HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Winlogon\
"LegalNoticeCaption"="HTTP://www.2600.com"

HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Winlogon\
"LegalNoticeText"="You Were Infected By FreeCham Virus"

・キーの作成により、Windowsシステムにログオンするときに、上記のキーの値が表示されます。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

TOPへ戻る

感染方法

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る