ウイルス情報

ウイルス名

WM/CEEFOUR.A

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7634)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 97/04/01


MS-Word v6.x/7.x(Windows版、マッキントッシュ版)に感染するマクロウイルスである。感染文書のウイルスマクロは、CEEFOUR、FILESAVEAS、FILESAVE、FILEOPEN、FILETEMPLATES、TOOLSMACROの6種類である。ウイルスはシステムマクロを用いて発動する。ウイルスマクロはWordの標準機能「実行のみ可能」により暗号化されている。つまりユーザーはウイルスマクロの表示も編集もできない。

ウイルス感染システムでは、CeefourはFILE|TEMPLATEとTOOLS|MACRO機能を隠蔽する。ウイルスマクロはWordの標準機能「実行のみ可能」により暗号化されている。つまりユーザーはウイルスマクロの表示も編集もできない。

-Microsoft WordX

A serious error has occoured in sub program: MenuBar


OK

(「サブプログラム MenuBarで重大なエラーが発生しました」)

4月1日にファイルを保存すると、c:\のサブディレクトリをすべて消去する。そしてCOMMAND.COMを消去する。またc:パーティションのラベルをC4_BY_KARLに変更しようとする。