ウイルス情報

ウイルス名

WM/CONCEPT.AJ

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7656)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 PRANK, WINWORD [.CONCEPT], WWW6MACRO
発見日(米国日付) 97/05/01


1995年に登場した世界初のマクロ ウイルスである。標的はMS-Word。その後多くの変種を生み出しながら、現在でも流行している。Concept感染文書を開くと、ウイルスマクロが実行される。この時標準テンプレートファイル(<NORMAL.DOT> )にウイルス・マクロが書込まれる。

この方法は、MS-Wordへのウイルス感染方法として今では一般的なものとなった。これを編み出したのがこのWM.Concept.aといえる。

標準テンプレートがいったんConceptに感染すると、その後、作成・編集・保存した文書ファイルのすべてにConceptマクロがコピーされ、感染が広がる。

現愛、日本語版の MS-Word では、Concept.aは動作しない。MS-Wordそのものの日本語化の時点で、一部のWord動作やマクロの細部仕様が変更されたためである。

発病プログラムに相当するPayLoad(弾頭)マクロには以下のコメントが書かれている。

REM That's enough to prove my point

(意図するところは、これで果たした) 

つまりConcept.a作者の目的は「マクロでウイルスを作成できること」の証明であったようだ。現在のマクロイルスは大流行している。Concept作者の意図どおり、あるいはそれ以上の結果といえる。