ウイルス情報

ウイルス名 危険度

DNSChanger.c

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4620
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4620 (現在7656)
対応エンジン 4.4.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 2005/11/07
発見日(米国日付) 2005/11/04
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

・DNSChanger.cはフィッシングを目的としてDNSエントリを改変し、不正なDNSサーバに転送します。PayPal-2.5.200-MSWin32-x86-2005.exeというファイル名で大量送信されました。

・DNSChanger.cが実行されても、メモリに常駐したり、自身を他の場所にコピーしたり、スタートアップ場所への参照を作成したりすることはありません。

・DNSChanger.cはDNSサーバに関連するレジストリ項目を改変して、以下のIPアドレスに向けさせます。

  • 193.227.227.218

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・ネットワークアダプタに以下の値を持つDNSエントリが存在します。

  • 193.227.227.218

・以下のIPアドレスへのトラフィックが確認されます。

  • 193.227.227.218

TOPへ戻る

感染方法

・トロイの木馬は自己複製しません。多くの場合、その実行可能ファイルに何らかの益があると思わせて手動で実行させることにより繁殖します。IRC、ピアツーピアネットワーク、ニュースグループへの投稿などを通じて配布されます。DNSChanger.cはPayPal-2.5.200-MSWin32-x86-2005.exeというファイル名で大量送信されました。

TOPへ戻る

駆除方法

■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

感染したマシンからDNSChanger.cを駆除する場合、TCPIPの変更が行われるため、注意する必要があります。コントロールパネルから、マシンのネットワークの設定を表示させ、以前のDNSの設定を復帰させます。変更後、以下の様なメッセージが表示されます。

修復を完了するには、Windowsのレジストリキーを元の値に変更する必要があります。変更されたインターフェースの設定は、以下のキーになります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\
Tcpip\Parameters\Interfaces

TOPへ戻る