ウイルス情報

ウイルス名 危険度

Downloader-GC

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4313
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4314 (現在7656)
対応エンジン 4.2.40以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 04/01/14
発見日(米国日付) 03/12/30
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

・Downloader-GCはトロイの木馬型ダウンローダで、Kazaaやほかのピアツーピアクライアントを介して、疑わしいクエリーを監視するプライバシモニターを装います。ファイルが実行されると、シストレイに表示されます。

・“About...”が選択されると、以下のメッセージボックスが表示されます。

・“What's this?”が選択されると、以下のメッセージボックスが表示されます。

・Downloader-GCは実行されると、Internet Explorerディレクトリに“tskmgr32.exe”というファイル名でファイルをドロップ(作成)します。(一般に、Internet Explorerがデフォルトのディレクトリにインストールされている場合、“C:\Program Files\Internet Explorer\tskmgr32.exe”と表示されます。)Kazaaが実行されると、“tskmgr32.exe”は複数のリモートウェブサイトへ接続しようとします。

・以下のレジストリキーを追加して、システム起動をフックします。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\_
    CurrentVersion\Run "TaskMgr"

・以下の追加レジストリエントリも追加します。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\DV "AllianceID"

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・デスクトップのファイアウォールプログラムが、未知のアプリケーションによるインターネットアクセスを警告します。

・上記のファイルとレジストリキーが存在します。

TOPへ戻る

感染方法

・Downloader-GCは、インターネットからファイルをダウンロードするだけで、自己複製しません。トロイの木馬型ダウンローダの多くは、受信者にファイルを実行するように仕向けるスパムメールで送信されます。ほかには、IRC、ピアツーピアファイル共有ネットワーク、またはニュースグループへの投稿の添付ファイルなどを介して配布されます。また、脆弱なセキュリティサービス(開いている共有上の単純なユーザ名とパスワードの組み合わせ、誤った設定のファイアウォール保護)、パッチされていないシステムや脆弱なシステムが原因で送信されることがあります。

TOPへ戻る

駆除方法

■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る