製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:D
ウイルス情報
ウイルス名危険度
Downloader-ARL
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4637
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4891 (現在7537)
対応エンジン4.4.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名Downloader.Tibs (GRISoft)
Trojan.Galopoper.A (Symantec)
情報掲載日2006/11/13
発見日(米国日付)2005/11/25
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
08/20RDN/Download...
08/20W32/Agent!55...
08/20W32/Agent!09...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7537
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

・ダウンローダは他の悪質なファイルのダウンロード/アップデートコンポーネントの役割を果たします。

一般的に、ユーザに気づかれずにインターネット接続を行い、悪質なコンテンツをダウンロードします。

ウイルスの特徴TOPに戻る

・ダウンローダはリモートWebサイトからファイルをダウンロードして実行するように設計されています。

実行時、自身のコピーとレジストリキーを作成します。 ファイルの追加
  • %SYSTEMDIR%\winsub.xml (4バイト)
  • %SYSTEMDIR%\svcp.csv (91408バイト)

・複数のファイルをc:\documents and settings\%USER%\local settings\temporary Internet filesフォルダに格納します。

・以下のレジストリキーが作成されます。

  • hkey_local_machine\software\microsoft\downloadmanager

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

・以下のネットワーク接続を行います。

  • oqpghpuk.exe サーバ:127.0.0.1 ポート:1087
  • oqpghpuk.exe サーバ:81.177.3.175 ポート:80
  • zhopaizdupla.exe サーバ:81.177.3.175 ポート:80
  • zhopaizdupla.exe サーバ:127.0.0.1 ポート:1084
  • zhopaizdupla.exe サーバ:208.36.123.14 ポート:25

・実行ファイル名は上記と異なる場合があります。

感染方法TOPへ戻る

・ダウンローダはウイルスではなく、複製手段も組み込まれていません。しかし、パスワードスティーラが他のウイルスやトロイの木馬によってダウンロードされ、インストールされる場合はあります。

・さらに、これらの多くは作者によって大量送信され、人々にダブルクリックするように仕向けます。

・また、Webページを訪問することによって(リンクをクリック、またはユーザに通知せずにユーザのシステムにダウンローダをインストールするスクリプトをホストしているWebサイトによって)悪意のあるインストールされる場合もあります。

駆除方法TOPへ戻る
■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出して下さい。検出されたすべてのファイルを削除してください。

Windows ME/XPでの駆除についての補足