製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:E
ウイルス情報
ウイルス名危険度
Exploit-FNE
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
N/A
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
7271 (現在7401)
対応エンジン5.4.00.1158以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名Microsoft - Exploit:Java/CVE-2012-1723 ESET-NOD32 - Java/Exploit.Agent.OMU
情報掲載日2013/12/03
発見日(米国日付)2013/11/27
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
03/31RDN/Generic....
03/31StartPage-NY...
03/31PWS-Banker.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7401
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

・初期のExploit-FNEはアプレットの形でWebサイトにホストされ、CVE-2012-1723を利用するコードが組み込まれています。Exploit-FNEの目的は、密かに追加のマルウェアを感染したシステムにダウンロードして実行することです。通常にはない未知のドメインへのトラフィックが存在する場合、Exploit-FNEに感染している可能性があります。

Oracle Java SE 7 update 4以前、6 update 32以前、5 update 35以前および1.4.2_37以前のJava Runtime Environment(JRE)コンポーネントの詳細不明の脆弱性により、リモート攻撃者はホットスポットに関係がある未知のベクトルにより、機密性、整合性、可用性に悪影響を及ぼすことができます。

・この脆弱性は、信頼できないJava Web Startアプリケーションおよび信頼できないJavaアプレットからのみ利用できます。(信頼できないJava Web Startアプリケーションおよび信頼できないJavaアプレットは、権限が限定されたJavaサンドボックスで動作します。)

ウイルスの特徴TOPに戻る

Exploit-FNEはCVE2012-1723の脆弱性を利用する悪質なJavaコードです。

Exploit-FNEはJavaアーカイブ(.JAR)に格納された悪質なJavaクラスファイルで、Oracle Java SE 7 update 4以前、6 update 32以前、5 update 35以前および1.4.2_37以前の脆弱性により、リモート攻撃者はホットスポットに関係がある未知のベクトルにより、機密性、整合性、可用性に悪影響を及ぼすことができます。

・悪質なコードが組み込まれている乗っ取られたWebページにアクセスすると、このエクスプロイトに遭遇する可能性があります。

・脆弱なバージョンのJavaを実行しているユーザがこのページにアクセスすると、悪質なJavaクラスが動作し、任意のコードが実行されます。

・ユーザが.jarファイルがホストされている乗っ取られたWebサイトにアクセスすると、感染が開始されます。脆弱なバージョンのJavaを実行しているユーザがこのページにアクセスすると、悪質なJavaクラスが動作し、任意のコードが実行されます。

・悪質なHTMLにより、暗号化されたURLがJARファイルに受け渡され、ペイロードがダウンロードされて実行されます。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

・Exploit-FNEは任意のファイルをダウンロードする可能性があります。

・追加のマルウェアを感染したシステムにダウンロードして実行しようとします。

感染方法TOPへ戻る

・Exploit-FNEはSun Microsystems Javaの未修正の脆弱性を利用します。

・Exploit-FNEは乗っ取られたWebサイトの閲覧中にインストールされます。

駆除方法TOPへ戻る
■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。