製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:E
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
Erap_Estrada
種別トロイの木馬
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4093
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4093 (現在7562)
対応エンジン4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日00/09/07
発見日(米国日付)00/09/04
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
09/14RDN/Obfuscat...
09/14RDN/GenericA...
09/14RDN/Generic....
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7562
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




  • このトロイの木馬は、最初はメール大量送付型ウイルス/トロイの木馬型だと思われていました。しかし、AVERTが電子メールを介してトロイの木馬のサンプルを受信し、それを通じて、このウイルスが2つのトロイの木馬を結合したものと確認しました。

  • このウイルス発生時に配信されたメールの1つに、パスワード詐取プログラム"DUNpws.cy"を含む"ERAP.EXE"ファイルが添付されてあるものがありました。このトロイの木馬を実行すると、ローカルシステム上でプロセスとして作動し、ネットワークへダイアルアップした際にパスワードがある特定のメールアドレスへ送付されます。

  • また、その他の例として、"BackDoor-G2 (別名Sub7 v2.13)"の更新バージョンがメールに添付されて配信されたこともあります。

  • これらの2つのトロイの木馬は、現在のDATファイルならびにエンジンで検出可能です。