製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:E
ウイルス情報
ウイルス名危険度
XM/Extras.A
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4002 (現在7401)
対応エンジン4.1.50以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名XM/Extras.l, XM/Style.A
亜種X97M/Extras
情報掲載日02/08/16
発見日(米国日付)98/03/01
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
03/31RDN/Generic....
03/31StartPage-NY...
03/31PWS-Banker.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7401
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




  • WindowsおよびMacintosh上のMicrosoft EXCELバージョン5.x/7.xおよび97のExcelワークブックに感染することにより増殖する。このウイルスは感染ワークブック内の以下のマクロから構成される。

    AUTO_CLOSE, AUTO_EXIT, AUTO_HELP, AUTO_OPEN


以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • Windowsマシン上では、このウイルスはWINDOWS EXTRAS.XLSというファイルをXLSTARTディレクトリに保存する。またMacintoshマシン上では、MACINTOSH EXTRASというファイルをシステムフォルダ → Preferences → Excel Startupフォルダに保存する。これらファイルは削除する必要がある。ウイルスは、任意に生成された名前でウイルスコードを隠しシートに保存し、ウイルスに部分的にポリモルフィックな特徴を与える。ウイルスはまた、ツールバーの保存または印刷ボタンを無効にすることもある。


亜種情報

    亜種名種別相違点
    X97M/ExtrasマクロXM/Extras.A は、1999年3月に Excel97 フォーマットに変換しました。

駆除方法TOPへ戻る
  • スクリプト、バッチ、マクロ、非メモリ常駐型:
    検出・駆除には現在のエンジンと定義ファイルを使用してください。

  • PE、トロイの木馬、インターネットワーム、メモリ常駐型:
    検出には対応したエンジンと定義ファイルを使用してください。駆除には、MS-DOS モードまたは、起動ディスクを使用して起動し、command line scanner:SCANPM /ADL /CLEAN /ALL を使用してください。

SCANPM /ADL /CLEAN /ALL

 Additional Windows ME/XP removal considerations

AVERT推薦アップデート