製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:E
ウイルス情報
ウイルス名危険度
Exploit-CodeBase
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4190
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
5170 (現在7507)
対応エンジン5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名Exploit.CodeBaseExec (AVP), XMLid.Exploit (NAV)
情報掲載日02/03/11
発見日(米国日付)02/02/27
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/21Generic.tfr!...
07/21RDN/Generic ...
07/21Downloader.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7507
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る

-- 8月27日 更新 --
WinAmpの3.0以上のバージョンで脆弱性が発見されました。この脆弱性は、WinAmpのスキンをロードする過程で、感染マシン上で悪意のあるファイルが実行される可能性があります。この悪意のあるコードを起動するhtmlファイルはExploit-Codebase.genとして検出されます。

現在この脆弱性に対するパッチは公開されていませんが、RealNetworksは本年末にパッチが公開されると公表しています。


  • Exploit-CodeBaseとは、Microsoft Internet Explorerのデータバインディング脆弱性を検出したときの一般的な検出名です。この脆弱性は2002年2月25日に発見されました。これが悪用された場合、ウェブページを開いたりHTML eメールを見たりした時に、ユーザーの許可あるいは認知なしに実行ファイルが起動されることがありえます。この脆弱性は、Internet Explorer 4.x 以上、Microsoft Outlook 、Microsoft Outlook Express に影響を与えます。

  • この脆弱性は、不正に"Popup Object Vulnerabilty"、"Data Source Object Vulnerability"、"XMLid Vulnerability"と呼ばれていました。しかし、これらはただHTMLに脆弱性を挿入する方法でしかありません。この脆弱性は、Internet Explorerが"インターネット ゾーン"にあるHTMLに"マイコンピュータ ゾーン"のプログラムを起動するとこを認めるために起きます。

  • Microsoftからのパッチがご利用になれます。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
・感染症状は様々です。

感染方法TOPへ戻る
・組み込まれたコードは、Internet Explorerの脆弱性を突くデータを実行します。

駆除方法TOPへ戻る
■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足