ウイルス情報

ウイルス名 危険度

Exploit-ANIfile

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4417
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4417 (現在7656)
対応エンジン 4.3.20以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 2004/12/27
発見日(米国日付) 2004/12/23
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

ウイルスの特徴

・Exploit-ANIfileは、2004年12月23日に発表されたMicrosoft WindowsのANIファイルを解析するとカーネルがクラッシュする脆弱性を利用するコードです。報告によれば、この脆弱性は以下のオペレーティングシステムに存在します。

  • Windows NT4
  • Windows 2000
  • Windows XP SP0/SP1(SP2は脆弱ではありません)
  • Windows 2003

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

・新規ファイル、電子メールメッセージ、Webページにアクセスすると、予期せずシステムがクラッシュします。

TOPへ戻る

感染方法

・Webページまたは電子メールメッセージを介して悪意のあるコードを配信できます。

TOPへ戻る

駆除方法

このウイルスには、4417定義ファイルで対応いたします。4417定義ファイルは04/12/30に発行の予定です。それまでの間、このウイルスに対応するためにはβ版ウイルス定義ファイルをお使いください。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る