製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:E
ウイルス情報
ウイルス名危険度
JS/Exploit-DragDrop
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4303
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4362 (現在7600)
対応エンジン4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日2004/09/21
発見日(米国日付)2003/11/07
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
10/22Generic Down...
10/22Generic Down...
10/22FakeAV-M.bfr...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7600
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

・JS/Exploit-DragDropは、マイクロソフトセキュリティ情報MS04-004の累積的なセキュリティ更新プログラムで解消されている脆弱性の1つを利用するJavaスクリプトです。MS04-004では、この脆弱性はドラッグアンドドロップ操作の実行に関する脆弱性と呼ばれています。この脆弱性を利用して、メッセージを表示せずに、ユーザのローカルシステムにファイルを保存できます。

・この脆弱性の深刻度は「重要」です。この脆弱性により、攻撃者は、ウイルスに感染したWebサイトにアクセスするだけで、悪意のあるコードを実行できます。ただし、この悪意のあるコードが検出されたからといって、必ずしも悪意のあるコードが実行されたとは限りません。悪意のあるコードを含むJavaスクリプトが見つかったというだけです。逆に、悪意のあるコードが実行され、システムの改変が行われている可能性もあります。

・すべての脆弱なシステムにマイクロソフト社からの修正プログラムを適用する必要があります。修正プログラムが適用されたシステムは悪意のあるコードの影響を受けません。ただし、適用後も、この脆弱性を利用するファイルは検出されます。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

・JS/Exploit-DragDropには明確な症状はありません。任意のコードの実行に使用される可能性があります。よって、より詳しい情報を提供することはできません。

感染方法TOPへ戻る

・JS/Exploit-DragDropは、脆弱なバージョンのInternet Explorerが悪意のあるJavaScriptコードを含むWebページを閲覧する際に影響を及ぼします。

駆除方法TOPへ戻る
■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足