ウイルス情報

ウイルス名 危険度

Unix/Exploit-IIS

企業ユーザ: Low
個人ユーザ: Low
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4164
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4333 (現在7656)
対応エンジン 4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
亜種
情報掲載日 03/04/07
発見日(米国日付) 01/09/13
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

・Exploit-IIS は、”/”エンコーディングに対するウェブサーバの脆弱性を検証するPerlツールです。このツールはエンコードされた”/”(または ”dot dot root ”脆弱性と呼ばれる)を利用することでリモートウェブサーバルートに接続を試みます。接続に成功すると、あらゆる接続可能なフォルダとcmd.exeのような脆弱性のある実行ファイルをリストアップします。また、ssl (https) をサポートし、あるアップロード特性を提供します。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

N/A

TOPへ戻る

感染方法

・このツールはリモートウェブサーバの"dot dot root" 脆弱性をテストします。

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る