ウイルス情報

ウイルス名

VBS/Elva

種別 ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4093
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4093 (現在7634)
対応エンジン 4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 card.hta, FS.VBS, I-Worm.Elva, W97M/Elva, W97M/Elva.worm
情報掲載日 00/09/01
発見日(米国日付) 00/08/24
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法


  • VB Scriptで作成されたインターネットウイルスです。

  • 拡張子は.HTAです。

  • "card.hta"というファイル名で、次の内容のMAPI電子メールで配信されます。

    添付ファイル: CARD.HTA
    Hello Jo,
    Happy birthday ELVA forever.
    This I made birthday card for you.
    Please open it and I hope you like.

  • ウイルスの起動には、Windows Scripting Hostとインタープリタファイル"MSHTA.EXE"が必要です。

  • グローバルテンプレートに感染することによって、Word環境に感染しようとしますが、ウイルスコードにエラーがあるため、実際には感染しません。

  • Outlookの使用可能なアドレス帳の中のユーザーに、自分自身を送付します。

  • このウイルスは、以下のレジストリキーからのロードが発生するように、レジストリを改変します。

    HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunServices\ FS = WINDOWS\SYSTEM\FS.VBS

  • 上記のキーにおいては、"WINDOWS"フォルダは、直接その名前でコード化されているわけではありません。システム設定に応じて、Win98, WinNT、その他の名前になることもあります。

  • このウイルスは、レジストリを改変して、Word2000のセキュリティ・レベルを低下させます。これによりマクロを含んだ文書の実行が許可されます。またレジストリ内のインターネットエクスプローラの設定も改変されます。これによりプロンプトなしでスクリプトが実行されるようになります。