製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:F
ウイルス情報
ウイルス名危険度
FakeAlert-GA.gen
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
5889
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
5892 (現在7401)
対応エンジン5.2.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名Kaspersky : Trojan.Win32.FraudPack.akyr Microsoft : Trojan:Win32/FakeScanti Ikarus : Trojan-Downloader.Win32.FakeScanti Avast : Win32:FakeAlert-GW [Trj]
情報掲載日2010/02/15
発見日(米国日付)2010/02/11
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
03/31RDN/Generic....
03/31StartPage-NY...
03/31PWS-Banker.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7401
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

・他の亜種と同様、「FakeAlert-GA.gen」はマシンが感染または危険にさらされているとユーザに警告する偽の警告メッセージを表示します。偽のメッセージの意図は、ユーザに広告しているスパイウェア対策製品を購入させることです。

ファイルプロパティ
  • MD5: D61EA6F884718844A333A3ADA2E5AC19
  • SHA1: 12714F974F96754B0C81E86D332D5ABDC64F815E
  • ファイルサイズ: 1,057,800バイト

ウイルスの特徴TOPに戻る

・実行時、以下のファイルをドロップ(作成)します。

  • %ProgramFiles%\adc32.dll [トロイの木馬として検出]
  • %ProgramFiles%\alggui.exe [Trojan.Dropper.Aとして検出]
  • %ProgramFiles%\svchost.exe [トロイの木馬として検出]
  • %ProgramFiles% \Your PC Protector\Your PC Protector.exe [トロイの木馬として検出]

・ユーザのシステムが乗っ取られると、偽のスパイウェア対策ソフトウェアを表示し、システムが感染していると警告し、乗っ取ったユーザに偽のスパイウェア対策ソフトウェアを購入させようとします。

・以下のフォルダがシステムに追加されます。

  • %UserProfile%\Start Menu\Programs\Your PC Protector
  • %ProgramFiles%\Your PC Protector

・以下のレジストリキーがシステムに追加されます。

  • [HKEY_USERS\S-1-(不定)\Software\Your PC Protector]
  • [HKEY_USERS\S-1-(不定)\Software\Your PC Protector\Your PC Protector]
  • [HKEY_USERS\S-1-(不定)\Software\Your PC Protector\Your PC Protector\Registration]
  • [HKEY_USERS\S-1-(不定)\Software\Your PC Protector\Your PC Protector\setdata]

・以下のレジストリ値がシステムに追加されます。

  • [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Classes\CLSID\{77DC0Baa-3235-4ba9-8BE8-aa9EB678FA02}\InprocServer32\]
    Default="%ProgramFiles%\adc32.dll

・上記のレジストリにより、Windowsが起動するたびにFakeAlert-GA.genが実行されるようにします。

・「svchost.exe」ファイルがサービスとしてターゲットマシンにインストールされます。プロパティは以下のとおりです。

  • [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\\SYSTEM\ControlSet001\Services\AdbUpd\
    "ImagePath"= "%ProgramFiles%\svchost.exe"
    "DisplayName"= "Adobe Update Service"
  • [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\AdbUpd\]
    "ImagePath"= "%ProgramFiles%\svchost.exe"
    "DisplayName"="Adobe Update Service

・このサービスはシステム起動時に自動的に起動するようインストールされます。

・また、リモートポート80を使って「core28[削除]ation.com」に接続します。

(%ProgramFiles%はProgram Filesフォルダを指す変数です。一般的なパスはC:\Program Files and %UserProfile% - C:\Documents and Settings\[ユーザ名]です。)

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
  • 上記のファイルおよびレジストリが存在します。
  • 上記のサイトへの予期しないネットワーク接続が存在します。
  • 重要な実行ファイル(mspaint.exe、calc.exe、notepad.exeなど)の実行を防ぎ、感染したと表示します。

感染方法TOPへ戻る

・FakeAlert-GA.genは悪質なWebページにアクセスするとインストールされます。また、他のウイルスやトロイの木馬によってダウンロードされ、インストールされる可能性もあります。

・さらに、インターネットからダウンロードしたバンドルソフトと一緒にインストールされる可能性があります。

駆除方法TOPへ戻る
■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足