製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:F
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/Fluxdom.dr.gen
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
6267
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
6267 (現在7607)
対応エンジン5.3.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日2011/02/25
発見日(米国日付)2011/02/24
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
10/29RDN/Generic....
10/29Generic.bfr!...
10/29Generic Drop...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7607
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

・ウイルスは自己複製します。多くの場合、ネットワーク、またはリムーバブルディスク、書き込み可能なCD、USBドライブなどのリムーバブルメディアへの送信によって拡散されます。また、ネットワークファイルシステム、他のコンピュータと共有されているファイルシステムのファイルに感染して、拡散する可能性があります。

ウイルスの特徴TOPに戻る

・W32/Fluxdom.dr.genは感染システムに他のマルウェアをドロップ(作成)するマルウェアです。検出、駆除を回避するため、ひとつのホスト名で複数のIPを切り替えて使用するファストフラックス(Fast Flux)という手法に対応しています。

・実行時、以下のDLLがドロップされ、インストールされます。

%WINDIR%\SYSTEM32\ms[ランダム].dll

・このファイルはW32/Fluxdom.genという名前で検出されます。W32/Fluxdom.genの詳細はこちらに掲載されています。

・実行時、以下のレジストリの変更が追加されます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet\CONTROL\SECURITYPROVIDERS\SECURITYPROVIDERS データ: msapsspc.dll, schannel.dll, digest.dll, msnsspc.dll, mscebkjc.dll HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet\SERVICES\SHAREDACCESS\PARAMETERS\FIREWALLPOLICY\STANDARDPROFILE\AUTHORIZEDAPPLICATIONS\LIST\%WINDIR%\SYSTEM32\RUNDLL32.EXE = %windir%\SYSTEM32\rundll32.exe:*:Enabled:Run a DLL as an App HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet\SERVICES\SHAREDACCESS\PARAMETERS\FIREWALLPOLICY\STANDARDPROFILE\GLOBALLYOPENPORTS\LIST\80:TCP Data: 80:TCP:*:Enabled:System Service

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

・通常、予期しないポートで予期しないネットワーク接続が存在します。

・上記のファイルおよびレジストリ設定が存在します。

感染方法TOPへ戻る

・ウイルスは自己複製します。多くの場合、ネットワーク、またはリムーバブルディスク、書き込み可能なCD、USBドライブなどのリムーバブルメディアへの送信によって拡散されます。また、ネットワークファイルシステム、他のコンピュータと共有されているファイルシステムのファイルに感染して、拡散する可能性があります。

駆除方法TOPへ戻る
■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

感染したマシンはスキャン後に再起動し、再スキャンしてください。


システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。