製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:F
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
VBS/FriendMess
種別ウイルス
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4078
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4078 (現在7537)
対応エンジン4.0.35以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名FRIEND MESSAGE, FRIEND_MESSAGE.TXT.vbs, VBS/FriendMes-A
情報掲載日00/05/11
発見日(米国日付)00/05/08
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
08/20RDN/Download...
08/20W32/Agent!55...
08/20W32/Agent!09...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7537
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 




VBS/FriendMessは、Outlookを介して移動し、VBS/Loveletterから取られたコードを使用するVBScriptインターネットウイルスです。このウイルスはファイルに感染しませんが、起動ファイルAUTOEXEC.BATに破壊力のある命令を書き込みます。

このウイルスは、以下の詳細情報を含む電子メールによって送信されることがあります。

Subject = "FRIEND MESSAGE"
Body = "A real friend send this message to you."
Attachments= "FRIEND_MESSAGE.TXT.vbs"

このスクリプトは、Windows Scripting Host(スクリプトホスト)に対応しないシステムでは悪影響を及ぼしません。

このウイルスは、対応するシステム上で次のファイルを作成します。
Windows\system\FRIEND_MESSAGE.TXT.vbs

直後に、AUTOEXEC.BATファイルが以下の命令で上書きされます。
if exist [system]\*.* del [system]\*.* /Q /F
if exist [windows]\*.* del windows\*.* /Q /F
if exist [temp]\*.* del " [temp]\*.* /Q /F

上記のカッコ内は、次のとおりです。
[system] = Windows\systemフォルダ
[windows]= Windowsフォルダ
[temp] = Tempフォルダ

この変更が行われた後に、以下のメッセージボックスが現れます。

"If you receive this message remember forever: A precious friend in all the world like only you! So think that!(このメッセージを受け取ったら、このことは忘れないで − 世界中の大切な仲間が愛しているのは、君だけだということを!)"

このウイルスが実行する最後の機能は、MAPIメールルーチンで、これはLoveletterウイルスから借りたものです。Outlookに2つ以上のリストがある場合、ウイルスは使用可能なリストに載っている各エントリに電子メールメッセージを送信します。この電子メールメッセージは、受信済みのようにみえます。また、送信者に関する情報は隠蔽されたり、改ざんされたりしません。

FRIEND_MESSAGE.TXT.VBSファイルが存在します。前述のとおり、AUTOEXEC.BATに変更を加えます。また、前述のような電子メールメッセージが送信されます。