ウイルス情報

ウイルス名

WM/FRIDAY.A

危険度
対応定義ファイル 4002 (現在7633)
対応エンジン  (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
発見日(米国日付) 97/04/01


Word Version6.x/7.x(Windows版、Macintosh版)で作動する。感染ファイルの構成マクロはAUTOOPEN, NOPS, NOPSAである。グローバル・テンプレートではNOPO,DATEISPEICHERN,DATEISPEICHERNUNTERにリネームされる。自動マクロ、システムマクロを使って発動する。繁殖機能はドイツ語版のWordでのみ有効。ただし発病ルーチンは他の言語のWordでも有効である。マクロはいずれもWord標準機能「実行のみ可能」で暗号化されている。つまりユーザーはウイルスマクロを表示することも編集することもできない。

文書保存時には、1)文書保護パスワードがファイル名の先頭4文字に設定、2)またはFILE|SAVEASパスワードがファイル名の先頭4文字に設定、3)あるいはWindowsの強制終了、のいずれかが発生する。どれが生じるかは文書保存の日時に依存する。13日の金曜日には、IO.SYSをI_O.SYSにリネームする(Windowsプラットフォームの場合)