製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:F
ウイルス情報
ウイルス情報

ウイルス名
IRC/FinalBot
種別トロイの木馬
ファイルサイズ
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4155
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4155 (現在7565)
対応エンジン4.0.70以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名Trojan.Win32.JavaKiller (AVP)
情報掲載日01/09/06
発見日(米国日付)01/08/14
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法

セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
09/17RDN/BackDoor...
09/17DNSChanger.b...
09/17RDN/Generic....
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7565
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る

・IRC/FinalBotは、トロイの木馬で、IRCを通してコマンドを送信することによって、システムをリモートで制御する、精巧なゾンビ ウイルス(ボット)です。

・メインの.EXEファイルは、自己解凍型のアーカイブ(726,528バイト)で、このファイルには39個のファイルが含まれています。

・このウイルスが起動すると、クラック検索プログラム("TNT Crack"というタイトルのウィンドウ)が表示され、圧縮ファイルは次のフォルダに解凍されます。

c:\WINDOWS\deadday.exe
c:\WINDOWS\COMMAND\mirc.ini
c:\WINDOWS\COMMAND\rundle.exe
c:\WINDOWS\COMMAND\rundle2.exe
c:\WINDOWS\COMMAND\rundlls.exe
c:\WINDOWS\COMMAND\script.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\saw.exe
c:\WINDOWS\JAVA\Server\servera.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serveri.txt
c:\WINDOWS\JAVA\Server\servern.txt
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverna.txt
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverol.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serveropti.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverq.txt
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverr.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\servers.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverst.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverst1.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverst10.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverst2.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverst3.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverst4.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverst5.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverst6.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverst7.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverst8.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverst9.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\servertr.txt
c:\WINDOWS\JAVA\Server\serverv.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\servito.reg
c:\WINDOWS\JAVA\Server\servito2.reg
c:\WINDOWS\JAVA\Server\set.exe
c:\WINDOWS\JAVA\Server\sscanner.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\ssetup.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\textdrive.exe
c:\WINDOWS\JAVA\Server\updater.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\upscript.ini
c:\WINDOWS\JAVA\Server\was.exe
c:\WINDOWS\SYSTEM\boteco.exe
c:\WINDOWS\SYSTEM\thebot.exe

・.INIファイルには、落とし込まれたmIRCクライアント プログラム(RUNDLLS.EXE)をサーバとして動作させるための命令が含まれます。

・このトロイの木馬は、次の変数情報を保存するために、レジストリ キーを使用します。

HKCU\Software\mIRC\date
HKCU\Software\mIRC\lock
HKCU\Software\mIRC\channels
HKCU\Software\mIRC\name
HKCU\Software\mIRC\code
HKU\.DEFAULT\Software\mIRC\date
HKU\.DEFAULT\Software\mIRC\lock
HKU\.DEFAULT\Software\mIRC\channels
HKU\.DEFAULT\Software\mIRC\name
HKU\.DEFAULT\Software\mIRC\code

・次のレジストリ キーが作成されます。

HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
Run\startwindowskeyuser=

HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
RunServices\startwindowskeyuser=rundle2.exe

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

感染方法TOPへ戻る

駆除方法TOPへ戻る