製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:F
ウイルス情報
ウイルス名危険度
IRC/Flood.y
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4202
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4558 (現在7563)
対応エンジン5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日02/12/24
発見日(米国日付)2002/12/23
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
09/15W32/Sdbot.wo...
09/15W32/Virus.ge...
09/15FakeAV-M.bfr...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7563
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

ウイルスの特徴TOPに戻る
  • これは、インターネット経由チャット BOT/DDoS ツールです。このトロイの木馬は、mIRC クライアントのコピーを感染ファイルに含む、自己解凍アーカイブによって落とし込まれます。これは、DDoS 攻撃に使用するためのmIRCをユーザーに起動させなくさせます。このトロイの木馬の亜種は、お互いにコピーしあってたくさんの種類があります。そのため、りすとされているファイル名が異なる可能性があります。このウイルスは、LB.EXE として届くでしょう。このプログラムを実行するとローカルマシンに感染します。
  • 以下のファイルは、IRC/Flood.yを起動することでWindowsディレクトリに展開されます。
  • IPアドレスを含む PROXYLIST.TXT ファイル
  • mIRC用BOT指令を含む、ファイル名が.DLL、.DRVで終わっているファイル。
  • NETWORK32.EXE(UPXで圧縮されたmIRCクライアントプログラム)ファイル。
  • タスクバー表示から、他のプログラムを保護する NETWORKCHECKER.EXE ファイル。
  • DRK2.INF 構成ファイル。
  • システムの起動時にトロイの木馬が読み込まれるように、次のレジストリ キーが作成されます。
  • システムにmIRCが既にインストールされていた場合、レジストリエントリーはトロイの木馬によって落とし込まれたバージョンをリダイレクトするであろう製品を指し示します。
  • 亜種の種類によっては、システム起動時にトロイの木馬を立ちあげるために、以下のキー値を作成します。
  • HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\Systray16="%WinDir%\sysmx\Network32.exe"

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
  • 上記のファイルが存在する。

感染方法TOPへ戻る

駆除方法TOPへ戻る