ウイルス情報

ウイルス名 危険度

FakeGina.dll

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4096
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4283 (現在7634)
対応エンジン 4.1.50以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 PWS-Gina (McAfee), TROJ_PSWGINA.A (Trend), Trojan.PSW.GinaPass.b (AVP), Trojan.Win32.FakeGina (AVP), Trojan/PSW.FakeGina (Panda), Win32.PSW.Whinge.dll (VET)
情報掲載日 02/08/01
発見日(米国日付) 00/09/13
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

  • これは、Windows NT/XP/2000 のパスワードを詐取するトロイの木馬です。パスワードは、ローカルシステム上の "passlist.txt" というファイルに集められます。


以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • "fakegina.dll" または "passlist.txt" が System32 フォルダに存在する。


感染方法

  • このトロイの木馬は、インストールす為にホストシステムにリモートアクセスする必要があります。ユーザーが受け取ったインストーラープログラムを実行することによってもホストシステムに感染することが出来ます。

  • このトロイの木馬は %WinDir% フォルダ(一般に WinNT)の System32 フォルダ に存在します。ファイル名が変更される可能性があり、一般には、"fakegina.dll" と言う名前です。

  • 一度トロイの木馬 DLL ファイルがコンピュータにコピーされると、レジストリキーが作成されるか、パスワードを取る為にこの新しい DLL を指すように変更されます。

    • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\GinaDLL=C:\WinNT\System32\fakegina.dll

  • パスワードは、"passlist.txt" に集められ、System32 フォルダに存在します。